社内講師による人材育成研修でかかる費用

費用を抑えたい時に便利な方法

新人や中堅、中途入社など社員を育てるには実務を経験してもらうだけではなく、人材育成研修を実施しましょう。日々の仕事以外に学ぶ機会を設けることで社員をレベルアップさせることができます。人材育成研修を実施する際は講師役を探さなければなりません。その際の選択肢としては社内講師、もしくは外部講師のどちらかになるでしょう。できるだけ費用を抑えたいと考えている場合、社内講師は最適な判断となっています。なぜなら、外部講師を利用する場合はまとまった資金を支払うからです。著名な外部講師は数万円や数十万円といった費用がかかってしまいますが、社内講師は自社の人材を利用していることから、外部講師を利用する場合よりも費用はかかりません。

教材費は惜しまないことが大事

費用を抑えられる社内講師を利用する場合のポイントは、教材費を惜しまないことです。外部講師を依頼した場合にかかる数万円や数十万円という金額を浮かせられる点は社内講師のメリットですが、だからといって教材費を惜しんでしまうと効果的な研修にならない可能性があります。使用する資料だったり、材料だったりなどにはしっかりとお金をかけることによって、意味のある人材育成研修にすることができます。どのような教材を使用するかについては人事担当者だけではなく、社内講師役の意見も取り入れて決めることが大事です。社内講師役が思い通りに進められる教材を購入することによって、社員にしっかりと知識や技術を身に付けてもらえるでしょう。