外部講師による人材育成研修の注意点

なるべくテーマに合う外部講師に依頼をしよう

外部講師による人材育成研修を企画する際は、なるべく研修のテーマに合うジャンルで活躍している専門家に話を持ち掛けることがとても大切です。特に、ビジネスや語学、ITなどの分野で実績がある外部講師を手配するためには、トータルで百万円を超える研修費用が発生することもあるため、時間を掛けてそれぞれの専門家の依頼費用の相場を把握することがおすすめです。また、直接外部講師とやり取りをするのが難しい場合には、一定の料金を払って仲介会社にお世話になることで、研修の目的に合う講師を提案してもらうことも可能です。なお、研修の効果を高めるうえで、民間企業や官公庁において人材育成研修を担当した経験が豊富な外部講師を探してみると良いでしょう。

研修後も継続的に個々の社員のフォローアップを行おう

外部講師による人材育成研修を行うにあたっては、研修を終えた個々の社員が日々の業務の中で知識や技術を生かせるよう、様々な面でアフターフォローをすることが重要となります。また、効率良くアフターフォローを行うにあたり、外部講師からアドバイスをもらったり、各部署の上司や中間管理職と連携を取ったりすることが大切です。人材研修の後のフォローアップの必要性については、経験が浅い人事の担当者にとって分かりにくいこともあります。そのため、将来にわたってそれぞれの社員を対象に適切にキャリア形成のサポートをするうえで、人事担当者が率先して外部のセミナーや講演会などに参加をして、業務に必要なスキルを身に着けることがおすすめです。

社会人として最低限必要な事の一つに、接客マナーがあります。自分では理解しているつもりでも、意外に思い違いが多かったりします。解決策として接客マナーの研修を受講し、接客方法を取得したいものです