社内講師による人材育成研修のポイント

時間をかけて研修を作り上げる

社内講師の場合は専門のプロではないので、しっかりと打ち合わせをして研修で伝えて欲しい内容を説明する必要があります。このときに十分な説明がないと研修が間違った方向に行く可能性があります。また、その分野を専門にしている人であれば、知識などは十分あるでしょう。しかし、研修では教えることが大事なので、分かりやすく説明することが求められます。分かりやすく説明するのは難しいため、資料などを時間をかけて作る必要があるのです。特に、専門用語が多いと研修の短い時間では伝わらないこともあります。誰にでもわかるように説明を考えることが大切になります。打ち合わせや資料作りなどを講師と話し合いながら、時間をかけて作り上げていくことがポイントです。

人選には注意する必要がある

社内講師は誰でもできるわけではありません。講師に向いている人がいるのです。まず大事なのは人前で話すことが得意な人でしょう。また、説明が上手い人も講師には向いています。説明の仕方で大きく理解度は変わります。そのため、例題などを使ってみんなが分かるように説明できる人が向いているのです。他には真面目に研修に取り組んでくれる人が講師には向いています。研修をするためには資料を作ったり、進め方を考えたり、準備に時間がかかることが多いです。手を抜こうと思えば、いくらでも楽にできます。しかし、それではいい研修にはならないでしょう。そうでなくて、研修で社内の人に学んで欲しいと真面目に考えている人へ、講師を依頼することが大事なのです。

接客の研修は、接客のスキルだけでなく顧客体験価値の向上に着目したものを選択して、お店のファン層を厚くしていくことが大事です。