社内講師による人材育成研修のメリット

外に出ていくお金がない

社内講師が研修をするメリットは外部にお金を支払わなくていいことです。専門講師を呼んで研修をするときには、費用がかかります。講師によって値段は様々ですが、高ければ数十万円ということもあるでしょう。そのような費用がかからないので、社内講師を活用すると経費削減に繋がるでしょう。また、専門講師に依頼するときには、セミナールームなどを借りて研修を行う場合も多いです。講師が教えやすいように色々な機材が揃ったセミナールームは、それなりに費用がかかります。備え付けの設備だけで足りないときは、レンタルすることもあるでしょう。レンタル費用なども考えると、外に出ていく費用は少なくないです。社内講師なら社内で研修することも可能です。それなら費用はほとんどかかりません。

テーマを自由に決められる

専門講師はそれぞれに得意分野や専門分野があるため、教える内容が決まっています。しかし、社内講師であれば、会社側が教えて欲しいことを依頼することもできるのです。専門講師が教えていないような内容でも、社内講師なら教えることができます。社内講師が得意としている分野の話であれば、研修を行うのは難しくないでしょう。特に研修のテーマが専門的になるときには、社内講師の方が向いていることもあります。例えば、ブロックチェーンの解析などです。このように最新分野について教えることができるのは一部の人たちだけです。そのようなことを専門にしている会社であれば、社内講師ができる人もいるでしょう。自由に研修内容を決められるのは社内講師を活用するメリットでしょう。

人材育成の研修は、部下の指導能力やコミュニケーション能力を高めるために不可欠な機会として、各地の多種多様な業種の企業で導入が進んでいます。